TOP >> パティスリーG >> その他洋菓子 >> スイートポテト
            

     スイートポテト
 難易度:★★☆ 調理時間:30分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
スイートポテト(sweet potato)とは、本来は英語でサツマイモを
意味します。日本ではサツマイモを用いたこの洋菓子を指すことが
多いですね。飽きのこない素朴な味のお菓子です。
中にはさつまいもの皮を舟にして下にカスタードクリームを詰めて
いるといった凝ったものもあるみたいです。
 (6個分)

 ・さつまいも
 ・バター
 ・グラニュー糖
 ・牛乳
 ・塩
 ・卵黄
 ・ラム酒

250g
18g
35g
35g
少々
1個分
7g(大匙1/2)
1.  さつまいもは皮を剥き、1cm厚に切って鍋に入れ、ひたひたの水を加えて茹でます。竹串がすっと入ればOK。
2. 1.のさつまいもを裏ごします。めんどくさい場合は細かくつぶすだけでもOK。自分的には舌触りが違うので裏ごしちゃいます。これにバターを加えてよく練ります。
3. 2.を鍋に戻し、グラニュー糖、牛乳、塩を加えて弱火にかけます。水分を飛ばして、生地が粘土細工くらいの硬さになればOK。硬めの方が成形し易いです。
4. 3.の粗熱を取って、ラム酒と卵黄の半分の量(残りはつや出し用に使います)を加えて練ります。
5. 天板にクッキングシートを敷いて、4.の生地をボート型に成型しながら並べます。上から刷毛で卵黄を塗ります。
  
  • ポイントは卵黄を二度塗りすること。焼き色が綺麗につきます。
  • 卵黄1個分を分けるのがめんどくさいので、できればもっと大きめの芋(400〜430g)を選び、卵黄2個分でやった方が楽かも。
  • めんどくさそうで、それほどでもないので、三時のおやつにお薦めです。
  • しかし、相変わらずぶきっちょ。成形がとても不細工である(xx)


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system