TOP >> Gのレシピ集 >> 飲料 >> 飴湯
            

     飴湯
 難易度:★☆☆ 調理時間:3分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
小さい頃、自分は流行の先端を行く子供だったそうです。おたふく
風邪が流行っていると言われだす頃には既にかかっていて、噂の
端に「は」という文字が挙がるより先にハシカにかかっているという
随分親泣かせな幼児だったなあと思います。
冬ともなれば早々に風邪をひいて学校を休み、一日中布団で寝て
いるという皆勤賞とは無縁の生活を送っておりました。
そんな時、祖母がよく作ってくれたのがこれ。好き嫌いの激しい
孫を慮って水溶き片栗に砂糖のみというシンプルなものでしたが
今なら生姜入り、の方が良いかな。いやいや、どうせなら玉子酒を
......
病弱な子供もすっかり中年のオッサンになってしまいました。
 (2人分)


片栗粉
おろし生姜
砂糖

200g(1カップ)
9g(大匙1)
少々
9g(大匙1)
1.  水、砂糖、おろし生姜を小鍋に合わせてひと煮立ちさせます。
2. 片栗粉を少量の水(分量外)で溶き1.に加えて素早く混ぜればできあがり。
  
  • 要はとろみが付いたしょうが湯なのですが、冷めにくいので最後まで熱々が楽しめます。
  • このレシピはかなり砂糖控えめにしています。物足りない方はもう少し足してください。
  • 片栗粉の代わりに葛を使うとくず湯になります。そちらの方がたぶん上品な味わいなのでしょうけど自分の場合は幼児体験からこっちの方が好きだったりします。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system