TOP >> Gのレシピ集 >> パン・ピッツァ >> バゲット
            

     バゲット
 難易度:★★☆ 調理時間:160分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
ソテードオニオンの作り置きがまだ残っているので、今晩はオニオ
ングラタンスープでも戴くべ、と思ったのですが、買い置きのパンが
ない。しかも、外はあいにくの雨。
パンなしだと淋しいしなぁと別メニューを考えかけたのですが、考え
てみれば自分で焼けばいいじゃんと思い至りました(焼いたことな
いけど)。
 (2本分)

 ・強力粉
 ・薄力粉
 ・塩
 ・砂糖
 ・ドライイースト
 ・ぬるま湯

140g
60g
3g
6g
4g
128g
1.  ドライイースト、砂糖、ぬるま湯を合わせて予備発酵します。
2. 予備発酵している間に残りの材料を計量し、ボウルに合わせます。
3. 1.と2.を合わせてこねる。まとまったら打ち台に向って生地を叩きつける。このとき、生地には人差し指、中指、薬指の三本をしっかりかけスナップを利かせて振りおろし、生地が勢いよく伸びるようにします。但し、指から生地が離れないようにし、伸びきるようにします(約100回程度10分くらいやると生地に薄い膜が張ったようになって出来上がり)。
4. ボウルに入れて、温かいところに置き1時間程度1次発酵します。
5. 生地が倍に膨れたのを確認し、指を突っ込んで戻ってこないことが確認できたらOK。生地を平らに延ばして三つ折りにし、二等分します。
6. それぞれの生地を丸めてそのまま15分放置(ベンチマーク)。
7.  生地を長方形に伸ばし、長辺を三つ折りにした上で短辺を二つ折りにし縁をつまんでしっかりくっつけます。生地を細長く伸ばし、再び温かいところで倍の大きさに膨らむまで仕上げ発酵します(40〜50分)。
8.  パイカッターで生地上面に斜めの切り目(深さ5mm程度)を三か所入れます。
9.  230度のオーブンで20分焼けばできあがり。
  
  • 普通のパンの作り方と一緒じゃんと不思議な気がしました。ロールパンや食パンやハンバーガバンズもこの手順で作ります。なんか、フランスパンってもっと特殊で家庭では作りにくいものという先入観を持っていたんですけどね。
  • で、何が違うかというと材料の配合(強力粉オンリーでなく1/3弱は薄力粉。砂糖の量が少ない。バターやミルクを使わない)と焼き温度。なるほど、高温で焼くので表面があんな風にパリッとなるのか。
  • 味は「おお、確かにフランスパンだ」という風にできました。今晩のスープに浮かべてみます。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system