TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(和食) >> 豚もやしせいろむし鍋
            

     豚もやしせいろむし鍋
 難易度:★★☆ 調理時間:15分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
先日に読んだ『プリンセス・トヨトミ』は、東京方と大阪方にそれぞれ
主人公がいるのですが、大阪方の主人公(中学生)の実家はお好み
焼き屋さんという設定になっています。
巻末に作者による解説が付いていたのですが、そのお好み焼き屋
さんのモデルは知る人ぞ知る名店『冨紗家(ふさや)』なのだとか。

『冨紗家』は、谷町六丁目にある空堀商店街の中にあるお好み焼き
屋さんです。
ここの名物メニューに『豚もやしせいろむし鍋』というのがあるの
ですが(って、お好み焼き屋で鍋というのも面白いですね)、別名
『優作鍋』と呼ばれているそうです。
実は故・松田優作さんがこの店を贔屓になさっていて、来店すると
必ず頼んだのがこのメニューだったのだそうです。

オリジナルは土鍋で蒸し上げるのですが、今回は名前の通り蒸籠
蒸しにアレンジしてみました。ホントは青葱をトッピングするのです
が、すっかり忘れていて写真は葱なしになっちゃってますが、レシピ
には忘れないよう葱も入れておきました。
 (2人分)

 ・もやし
 ・豚バラスライス
 ・青葱
 ・酒
 ・ポン酢

1袋
200g
1本
100g(1/2カップ)
適宜
1.  豚バラスライスはスーパーのパックのサイズなら三等分程度にします。青葱は小口切りにします。
2. 蒸籠が入る大きさの鍋に酒の半量を入れてから蒸籠を置きもやしを円錐形に敷きつめます。もやしの上に豚バラすら椅子を放射線状に敷いていきます。こんな感じ。
3. 2.に葱の半量を中央にトッピングして全体に酒の残りを回しがけします。その上から葱の残りをトッピングします。
4. 3.の蓋をして中火にかけ、しっかり蒸気が上がるようになってから10分蒸し焼きすればできあがり。ポン酢に浸けて戴きます。
鍋底の水気がなくなってきて空焚きしそうになったら水(酒ではなく)を加えて下さい。
  
  • 主役はもやしです。すっごく甘くて美味しいです。意外と嵩が減ってしまうので「ウソっ」って思うくらいたっぷり使って見て下さい。
  • 煮汁を使わないので栄養分を逃がさず、しかも余分な油は下に落ちる。ある意味理想的な調理法かも^^
  • なんか、葱がないと間抜けな感じですねぇ^^;
  • 最後に入院する直前、松田優作さんはこの冨紗家を訪れたそうなのですが生憎の満席。目顔でご主人に挨拶だけして帰られたそうです。入院先の病院で「もう一度、冨紗家の豚もやしせいろむし鍋を食べておきたかった」と漏らされたとか。よほど、お好きだったのですね。自分にとっての『豚もやしせいろむし鍋』ってなんだろうと考えたのですが、あまりにも多過ぎて結論が出ませんでした^^;


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system