TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(洋食) >> チキンステーキ・レモンマスタードソース
            

     チキンステーキ・レモンマスタードソース
 難易度:★★☆ 調理時間:20分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
日本人はどうも「高額なもの=高級」、「低額なもの=
低級」という意識が強いようで値段の安い物を見下す傾向が
あるようです。この伝で高度成長期からバブルに突入して
いった時代、牛肉はご馳走、鶏肉は普段のお惣菜と見られて
いたように思います。実際には鶏肉の方が魚同様にバリエー
ションが利いて多彩な料理が楽しめる気がするんですけど
ね。
バブル崩壊後、あれだけ安かった鶏肉が高騰して今では安い
肉の代表選手とは言い難くなりました。その結果高級地鶏や
鶏料理専門店がもてはやされるようになったのはなんとも
皮肉な話です。安かった時代にやっておけよと言いたくなり
ますけど、安いと喜ばないんだろうなぁ日本人は^^;
2015年11月3日。単身赴任先で『一人結婚記念日ディ
ナー』を楽しみました(寂しすぎるだろをい)。その中の一品が
これ。ちょっとアレンジすると鶏肉だって立派なご馳走に
なるのです。
 (2人分)

 ・鶏もも肉
 ・塩、ブラックペッパー
 ・ドライバジル
[ソースパート]
 ・粒マスタード
 ・レモン汁
 ・濃口醤油
 ・蜂蜜

1枚
少々
少々

大匙1/2)
10g(小匙2)
9g(大匙1/2)
3g(小匙1/2)
1.  鶏肉は二等分し、フォークで皮目に穴を開けて塩、ブラックペッパーをまぶします。
2. 天板に焼き網を置いて鶏肉を載せ、200度のオーブンで15分焼きます。途中10分経過したところで一度ひっくり返します。
3. 2.をやっている間に[ソースパート]を合わせてよく混ぜておきます。
4. 2.をフライパンに入れて中火にかけます。[ソースパート]を回しがけ絡めながら水気がなくなるまで焼けばできがり。お皿に盛ってドライバジルを振って戴きます。
  
  • 鶏もも肉は脂っこくてちょっと苦手なのですが、このソースは酸味が利いているので相性抜群です。蜂蜜のコクのある甘みもGOOD。
  • オーブンがなければ魚焼グリルを使ってもできます。ポイントは表面をパリッと焼いてからソースに絡めつつ芯まで火を通すことです。
  • 付け合わせに人参のグラッセや炒めた玉ねぎ、さやいんげんなどを加えると見た目も華やかで栄養的にもバランスが取れて良いと思います。
  • ワインを合わせるとしたらちょっと甘みの強い白ワインがお薦めです。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system