TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(和食) >> 伊達巻き
            

     伊達巻き
 難易度:★★☆ 調理時間:30分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
自分はそれほどでもないのですが、無類の甘い物好きの長女は
これがないとおせちじゃないと思うらしいです。加えて市販のものは
甘すぎると言って頑なに受け付けません。ま、その辺は舌がまとも
な証拠かな。ということで、毎年自作します。
以前、本格的に白身の魚をすり鉢で擦って作ろうとして挫折した
ことがあるのですが、今はミキサーとオーブン君に助けてもらって
楽々と作成しています。お魚もはんぺんを使う簡易版。でも、白身
魚からやると美味しいんでしょうねぇ。
ちなみに、これをおせちで食べるようになった由来ですが、「伊達」
とは華やかさ、派手さを形容します。華やかでしゃれた卵巻き料理
ということで、お正月のお口取り“晴れの料理”として用いられるよう
になったようで、珍しく(?)験担ぎや言葉遊びではなく実用的な
もののようです。
 (1本分)

 ・卵
 ・はんぺん
 ・砂糖
 ・味醂
 ・酒
 ・塩
 ・薄口醤油

6個
大判1枚
18g(大匙2)
18g(大匙1)
15g(大匙1)
少々(1gくらい)
少々(1gくらい)
1.  ミキサーに全ての材料を入れて(はんぺんは適当に千切って入れます)粉砕します。粉砕直前はこんな感じ。
2. 天板にクッキングシートを敷いて1.を流し込みます。クッキングシートの縁が必ず浮き気味になるので1.の重みを利用してきっちり敷きつめます。こんな感じ。
3. 170度に予熱したオーブンで20分焼けばできあがり。熱いうちに簀巻きでしっかり巻いて輪ゴムで止めて2日程おけばしっかりくっついてくれます。

 できれば鬼簾↓を使うととげとげができて楽しいですよ〜
  
  • 市販のと違って甘さ控えめなのと、酒、味醂等を加えてコクがあるので確かに美味しいです。
  • オーブンがなければフライパンでも焼けると思います。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system