TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(和食) >> どて焼き 名古屋風
            

     どて焼き 名古屋風
 難易度:★★★ 調理時間:70分
(圧力なべを使った場合の時間です。使わない場合2時間半くらい)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
どて焼きは関西発祥の牛筋の味噌煮込みです。もともと、屋台とか
で売られていたそうですから、ジャンクフードに近い気がします。
先日道具屋筋に行ったとき、天満で牛筋が安かったのでたくさん
買ってきておりました。
で、「明日は休みだし、いっちょ作るか」と気軽に始めたのですが、
めっちゃめんどくさい。試してみようと言う方は、ちょっと気合を
入れてかかった方が良いと思います。掃除や、洗濯など家の中の
用事が多い日にぜひ。味はとっても美味ですので。
今回は、名古屋風に八丁味噌でしたててみました。ちなみに、あち
らでは、あまり「どて焼き」とは言わなくて「どて煮」とか言うそうです
ね。
 (2人分)

[具材パート]
 ・牛筋
 ・こんにゃく
 ・大根
 ・ネギ
 ・生姜
[調味料パート]
 ・酒
 ・味醂
 ・濃口醤油
 ・ざらめ
 ・はちみつ
 ・一味唐辛子
[味噌パート]
 ・八丁味噌
[仕上げパート]
 ・一味唐辛子又は七味唐辛子


150g〜200g
1/4枚
1cmの輪切り2〜3枚
2〜3本
2〜3かけ

40g(大匙2+小匙2)
50g(大匙3+小匙1)
18g(大匙1)
10g(小匙2)
10g(大匙1/2)
適宜

15g(大匙1弱)

少々
1.  [ネギは厚めの輪切りに、生姜は千切りにします。大根は1cmの輪切りにして更に銀杏切りにします。こんにゃくは5mm厚に切って更に1/4に切ります。
2. 鍋にたっぷりのお湯を沸かして、牛筋(塊のまま)、ネギ、生姜を入れてあくを取りながら10分茹でます。ざるで濾して茹で汁はボウルに取り、ざるの中の牛筋の汚れを水洗いします。牛筋を一口大に切ります。
  • ※茹で汁は最後に味見をして、味の微調整に使って下さい。
3. 2.を生姜やネギごと鍋に入れ、[調味料パート]の酒と味醂を加え、ひたひたの水を足してひと煮立ちさせます。火を弱火にして1時間コトコト煮ます。煮詰まったら2.の茹で汁を追い足します。
 圧力なべの場合は10分煮て、10分冷まして減圧して下さい。
4. 3.に[調味料パート]の残りを入れてひと煮立ちさせ、火を弱火にして更に1時間煮ます。煮詰まったら2.の茹で汁を追い足します。
 圧力なべの場合は10分煮て、10分冷まして減圧して下さい。
5. 4.に味噌とこんにゃく、大根を加えて10分中火で煮ます。2.の茹で汁で加減しながら味を整えればできあがり。盛り付けた後、好みで七味唐辛子を振ってもGOODです。
  
  • なにげに4.で加えられる一味のぴりっとした感じが、全体の甘辛さを引き締めてます。
  • 味噌は関西では白みそが一般的。好みの味噌で試してみて下さい。
  • たくさん作って、冷凍しておくと、夜の楽しみが増えると思います^o^


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system