TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(和食) >> 冷しとろろ
            

     冷しとろろ
 難易度:★★☆ 調理時間:15分
(冷やす時間は含めてません)

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
山芋はヤマノイモ科ヤマノイモ属の植物の根っこで、ジネンジョ、
ヤマノイモとも言います。
このレシピのようにトロロにして食べるのが一般的ですよね。でも、
かるかんやきんとんなど和菓子の材料にもなるみたいです。夏バ
テ気味でもつるつるっと喉を通っちゃうしご飯にかけてもGOOD。
自分は結構好きなのですが、友人はなんと山芋アレルギーだとか
。で、外食ではお好み焼きも食べられないそうです(よその土地は
知らないのですが、関西のお好み焼きにはまず間違いなく生地に
山芋が使われているのです)。
ちょっと気の毒。
 (1人分)

 ・山芋
 ・卵
 ・鶏ガラスープの素(顆粒)
 ・青海苔
[調味料パート]
 ・薄口醤油
 ・酒

3〜4cm
1個
少々
少々

12g(小匙2)
5g(小匙1)
1.  山芋は皮を剥いて、10分間水に晒しアクを抜きます。その間に[調味料パート]を合わせておきます。
2. 山芋をすり下ろし、[調味料パート]を少しずつ加えながらよく混ぜます。
3. 卵に鶏ガラスープの素を加えてよく溶きほぐし2.に加えて混ぜます。これを冷蔵庫で冷やします。食べる前に青海苔を振りかけたらできあがり。
  
  • うーん定番だけど美味しい。青海苔の風味が良いっすねぇ。結局、ほぼ反射的にご飯にかけて食べちゃいました。
  • だし汁、卵で伸ばすというのはとろろの食べ方でも一番スタンダードなのではないでしょうか?


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system