TOP >> Gのレシピ集 >> ご飯もの >> 牡蠣のかき揚げ丼
            

     牡蠣のかき揚げ丼
 難易度:★★☆ 調理時間:15分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
加熱処理用の牡蠣、150gで198円。安い...でも、週末は別の
予定が...
ま、良いか。と、深く考えずに買ってしまいましたで、何を作ろうか
しばし黙考。「チャウダーは飽きた」、「カキフライ、うーんスーパー
のお惣菜みたいでありきたり」
と、そのとき頭に閃いたのがしょうもない親父ギャグでした。

人間、ダジャレを口にするようになっちゃおしまいです。と、一関西
人として深く反省。
でも、思いついたので言ってしまいます^^;

「牡蠣のかき揚げ」

ま、揚げ物なので作って作れないことはないはずと開き直りました。
しかし、朝からこんなもの食べるかぁ???
 (2人分)

[具材パート]
 ・ご飯
 ・牡蠣(加熱処理用)
 ・椎茸

 ・セロリの葉
 ・薄力粉


 ・水

[天丼のたれパート]
 ・薄口醤油
 ・濃口醤油
 ・味醂
 ・酒
 ・砂糖



2膳分
100g〜150g
1パック(小ぶりなものがお薦め)
少々
具材にまぶしたときに、全体が真っ白になるくらいの量
少々(加減を見ながら加えていきます)

15g
30g
5g
6g
10〜12g(あればザラメがお薦め)
1.  椎茸は石附を落とし、軸と葉を切り離して、葉は4等分に軸は2等分にします。ボウルに牡蠣、椎茸、セロリの葉を入れて薄力粉を振りかけてよくまぶします。
2. 1.に少しずつ水を加えてまとめます。具材同士がくっつく程度になればOK。水を入れ過ぎないよう気をつけます。
3. 2.を180度の油に入れて2〜3分揚げます。御飯の上に盛りつけて、合わせておいた[天丼のたれパート]を上からかければできあがり。
  
  • かき揚げの良いところは同時に複数の具材を楽しめるところですね。最初に牡蠣があったので、対極に山の幸の椎茸を持ってきました。セロリの葉は香味野菜として良い仕事してくれます。独特の香ばしい香りが付きます。
  • 工程の2.は、かき揚げをカラッと揚げるコツです。具材に衣を付けるのではなく、最初に薄力粉をまぶしておいて、少量の水で伸ばします。このほかにも片栗粉やコーンスターチを入れると良いとか聞きます。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system