TOP >> Gのレシピ集 >> ご飯もの >> 鎌倉丼
            

     鎌倉丼
 難易度:★★☆ 調理時間:15分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
日本全国津々浦々、土地土地に必ずといってありそうな料理に『×
×ラーメン(××に地名が入ります)』というジャンルがあるのでは?
と常々思っております。
曰く、札幌ラーメン、盛岡ラーメン、新潟ラーメン、徳島ラーメン、
熊本ラーメン...ま、名付けたもの勝ちとはいえるので、それが
地域振興に繋がるのであれば尚のことどこからも文句の出る筋合
いではないですよね^^
で、ラーメンほどではないにせよ丼もご当地丼が数多ある気がして
います。先日鎌倉に行った折、「鎌倉に来たら蕎麦を食べなきゃ」と
思い(なぜか自分の中では鎌倉といえば日本蕎麦という図式ができ
上がっているのです)、評判の蕎麦屋さんへGO。そこで見かけた
セットメニューが、

『鎌倉丼とざる蕎麦のセット』

鎌倉丼?えと、なんなのでしょう?先日の深川丼に続きまたまた
謎の丼に出くわしてしまった。出て来た丼を覗き込むと海老が玉子
とじになっている。
えと、どうも鎌倉丼は親子丼の鶏が海老になったやつのようです。
帰宅後、調べてみるとフライになっているバージョンもあるらしい。
こっちは、カツ丼のトンカツがエビフライになったようなものか?
とにもかくにも、郷に入ったら郷に従えと言いますし(って、用法が
ちゃうぞ)、さっそく作ってみました。今回はフライじゃないバージョン
です。
 (1人分)

 ・ご飯
 ・海老(中サイズ)
 ・卵
 ・白ネギ
[下拵えパート]
 ・酒
 ・片栗粉
[調味料パート]
 ・味醂
 ・ダシ汁(ダシの素を使っても
  OK)
 ・醤油
 ・砂糖


1膳分
数尾
1個
10cmくらい

5g(小匙1)
6g(小匙2)

36g(大匙2)
25g(大匙1+小匙2)

18g(大匙1)
3g(小匙1)
1.  海老の皮を剥き、背わたを取って[下拵えパート]の酒をまぶして5分程度放置します。これに[下拵えパート]の片栗粉を振って塗します。
2. 卵はよく溶きほぐしておきます。ネギは2cm程度に切ります。
3. フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、海老とネギを加えて海老の色が変わるまで炒めます。
4. 3.のフライパンの中身を一旦、お皿に取り味醂を張ります。強火にかけて沸騰してきたらマッチかチャッカマンで味醂に火をつけて煮切ります。これに[調味料パート]の残りを加えて、ひと煮立ちさせます。
5. 4.に3.を戻して再度ひと煮立ちさせ中火にして卵を流し込み、蓋をします(このタイミングでかき混ぜてはいけません)。約2分ほど待って蓋を取り、卵が半熟状態になっていれば、御飯にかけてできあがり。
  
  • 味付けは自前の親子丼のレシピを少しアレンジしてみました。シーフードなのでやや淡白な味にしています。
  • 名前の由来は昔、関東では伊勢海老のことを鎌倉海老と呼んだことから付いたという説が有力らしいです。って、伊勢の人が怒るだろというか、元々これって伊勢海老の入った丼だったということですかね?それはそれで凄い。
  • ご当地鎌倉では単品では1000円前後で食べられるようです。やっぱ、ちょっと観光地価格になってる気がするなぁ。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system