TOP >> Gのレシピ集 >> ご飯もの >> カニ飯
            

     カニ飯
 難易度:★★☆ 調理時間:40分

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
カニ缶が安かったので買い置きしておいたのですが、カニ玉ばかり
じゃ芸がないよなぁと思い、こんなものを作ってみました。
土鍋で炊く本格派ですが、もちろん炊飯器でもできます(今、電気
釜と書きそうになった(--;これって、死語なんでしょうか???^^;)。
御飯ものは何でもそうですけど、ちょっとした下準備(レシピの工程
0の部分)をやっておくとお米をダシ汁に漬けこむ30分くらいが短縮
できますよ〜。夜の10時半に帰宅したとしても、全然平気でこんな
ものが作れたりします(そうか???)。
 (2人分)

 ・カニ缶

 ・米
 ・ダシ汁

 [調味料パート]
  ・薄口醤油
  ・酒
  ・味醂
  ・塩

1個(もちろん大きめの
 方が楽しいです)
1合
カニ缶の汁と合わせて200cc分

9g(大匙1/2)
7g(大匙1/2)
9g(大匙1/2)
1g
0. 朝起きたらすぐにダシ汁(鰹だしでOK)を作っておき冷ます。米を研いでざるに揚げる(水が滴るのでざるの下に皿を敷いて下さい)。出かける前に、冷めたダシ汁と米を冷蔵庫に入れれば準備完了。
1.  土鍋に米を入れ、カニ缶の汁とダシ汁を合わせて200g計り入れる。更に、カニ肉の半分と[調味料パート]を加えて蓋をする。
2. 1.の土鍋を強火にかけ沸騰させる(うちのコンロだと約4分)。弱火にして8分。再び強火で1分。火を止めて20分、蓋を取らずに蒸らす。
3. 土鍋の蓋を取り、カニ身の残りを加えてよく混ぜればできあがり。
  
  • 贅沢でおいしい。お焦げが楽しめるのも土鍋ならではですね。ただ、味がちょっと濃いめ。カニ缶の味付けに左右されると思うのですが、調味料はぐっと控えめでも良いかもです。
  • 参考にしたレシピがカニ缶1個で2人前となっていたので、こんなレシピになりましたが、4人前でも十分楽しめると思います。
  • このレシピを応用すれば、カニ缶に限らず、適当な缶詰で美味しい炊き込みご飯ができそうですね。但し、味の付いているものは調味料を加減して下さい。(ホテイの焼鳥で鶏釜めし風なんてのも楽しいかも)
  • 弱火、強火の時間はあくまで目安でコンロによってバラツキがあると思います。最初は、小まめに水分量などをチェックしながら時間をメモることをお薦めします〜。メモってしまえば、次からはキッチンタイマーで簡単にコントロールできると思います。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system