TOP >> Gのレシピ集 >> ソース・合わせ調味料 >> 金柑のマーマレード
            

     金柑のマーマレード
 難易度:★★☆ 調理時間:60分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
マーマレードはポルトガル語で「マルメロの砂糖煮のような食べ物」
という意味で、かんきつ類を丸ごと砂糖煮にしたジャムです。皮も
入っているので苦味があります。オレンジ、夏ミカン、ユズ、グレー
プフルーツがメジャーですがもちろん金柑でも作れます。
ちなみに、マルメロは地方によっては「かりん」と呼ばれますが、
普通に「かりん」と呼ばれている果実がバラ科ボケ属であるのに
対して、マルメロはバラ科マルメロ属と別の植物です。さらにやや
こしいことにマルメロとカリンの食べ方はほぼ同じで、そのままでは
食べられないので、果実酒、ジャム、砂糖漬けなどが主な加工方法
です。
 (200g分)

 ・金柑
 ・グラニュー糖

200g(12、3粒くらい)
100g
1.  金柑は二つ割にして竹串で種を取り、2〜3mm厚にスライスします。種が取りにくければスライスしてから取るのもありです。ちまちまして、めんどくさい作業ですがここさえクリアすれば後は簡単ですので頑張りましょう。
2. 1.とひたひたの水を鍋に入れ、強火にかけてひと煮立ちさせます。これをザルに揚げて冷水に晒し、手で優しく洗います。
3. 2.を鍋に戻し、ひたひたの水とグラニュー糖を加えて中火にかけひと煮立ちさせます。火を段階的に弱めながら水分を飛ばし(焦げないようによく見張って、ときどきマドラースプーンなどでかき混ぜて下さい)、約40分くらいかけてとろみが付くまで煮詰めればできあがり。
  
  • 金柑は皮が甘いので苦味が少なく、意外なくらい爽やかな味に仕上がりました〜^^
  • パンに塗ってよし、ケーキに混ぜ込んでよし。マーマレードやジャムを常備してるといろいろ楽しいですよね。
  • グラニュー糖の量を減らすと低カロリーでヘルシーになりますが、傷みやすくなります。逆にグラニュー糖をたっぷり目に使うとカロリーは高くなりますが長持ちします。
  • ゆずのマーマレードをお湯や水で溶いたものを韓国では柚子茶と呼びますが、これを使ったら金柑茶となるんでしょうか???


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system