TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(和食) >> 切り干し大根
            

     切り干し大根
 難易度:★★☆ 調理時間:2週間くらい


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
煮てよし焼いてよし揚げてもよし。大根は日本人にとって縁の深い
根菜なのでしょう、実にいろいろな調理法が研究されています。
その上、生のものを調理するだけでなく天日干しして旨みを引き出
す調理法まで考え付くなんてご先祖様の探求心には頭が下がり
ます。
本来、切り干し大根は秋から冬にかけて干すものなのでちょっと
季節が過ぎてしまっているのですが買うと結構値が張るので自作
してみました。
 (40〜50g分)

 ・大根

1本
1.  大根は5mmの輪切りに切って、更に拍子木に切ります。
2. 大きめのざるにあけ洗濯用のタコの足で釣って1週間ほど天日干しにします。
3. 水が抜けて軽くなり風で飛んでしまう危険があるので玉ねぎのねっとなどに移して更に1週間干したらできあがり。

ネット自体が風に飛ばされないようおもりに何か入れておきましょう。写真はハンドクリームのケースを入れています。
  
  • 天日で干すことで旨みが増します。時間はかかるけど手間はほとんどかからないのでお勧めの調理法化も。これでも売られているやつは2、3百円するので自作すれば半額くらいで作れます。
  • このまま水で戻して醤油やポン酢をかけて戴くのが一番お手軽です。コリコリした食感が楽しいです。
  • 三杯酢に浸けてはりはり漬けにするのもお薦めです。この場合は食感を楽しむために水で戻さずさっと洗って漬け込みます。
  • 精進料理ではこの食感をクラゲに見立てるようですね。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system