TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(和食) >> レバニラ炒めVer.2
            

     レバニラ炒めVer.2
 難易度:★★☆ 調理時間:20分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
以前、鶏のレバーで作ったことがあったのですが、バカボン
のパパが好きなのは豚レバーのバージョンじゃなかろうか
と思い、改めて作ってみました。今回のバージョンは先に
レバーを揚げ焼きしているので、表面がかりっとしていて
食感が楽しいです。
子供の頃はレバーが大嫌いで、食卓に上ると泣きそうに
なっていましたが今食べるとおいしいですねぇ。嗜好は変わ
るもんです。そういえば、昔習っていた英会話の教材でも
小さな女の子が「leverはyuckyだから嫌い」と不平をいう
お題がありましたっけ、yuckyは「まずい!!」とか
「おぇっ」とかっていうニュアンスの俗語で本来幼児言葉だ
そうです。反対語はyummy(ウマウマってところでしょうか)。
ちなみに、レバーという発音は英語圏の人には通じません。
leverはカタカナ書きするとリーヴァーって感じになります。
 (2人分)

 ・豚レバー
 ・ニラ
 ・もやし
 ・生姜
 ・にんにく
 ・片栗粉
 ・サラダ油

[調味料パート]
 ・水
 ・濃口醤油
 ・オイスターソース
 ・砂糖
 ・酒
 ・鶏ガラスープの素

150g
半束
半袋
ひとかけ
ひとかけ
適宜
フライパンに5mmくらい張れる量

30g(大匙2)
18g(大匙1)
12g(小匙2)
5g(大匙1/2)
10g(小匙2)
小匙1/2
1.  レバーは1cm厚にスライスして血の塊は取り除き、ボウルに張った水(分量外)に浸けて血抜きします。
  • 臭み抜きとしては牛乳に浸けるとなお良いのですが、なんとなくもったいないので自分はしません。臭みも味のうち^^;
2. ニラは3cmくらいのざく切りにします。生姜とニンニクは微塵切りにします。もやしはざるに揚げて熱湯をかけておきます。
3. レバーの水気をキッチンペーパーで拭き取り、片栗粉をまぶします。フライパンにサラダ油を張って揚げ物ができるくらいに熱し(パン粉などを放り込むとすぐに浮いてくればOK)、レバーを並べて揚げ焼きにします。両面かりっと仕上がったらレバーは皿に引き上げサラダ油は片付けます。
4. 3.のフライパンに生姜とにんにくを入れて中火にかけます。香りが立ってきたら、もやし→ニラ→レバーの順に加えていって炒めます。
5. 4.に[調味料パート]を加えて水気がなくなるまで炒めればできあがり。
  
  • 定食屋さんで食べるのと同じくらいおいしいです。決して、高級料理ではないかもしれないけれど家にいながら外食している気分。
  • 味はやや薄めに配合しています。味見をして物足りない方は気持ち調味料をおい足して下さい。
  • 味付けは子供も喜びそうです。独特の苦みがありますがレバーは体に良いらしいのでぜひタベさせましょう^^


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system