TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(洋食) >> 真鰯のアクアパッツァ
            

     真鰯のアクアパッツァ
 難易度:★★☆ 調理時間:20分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
アクアパッツァはイタリアの煮魚です。って、どうも煮魚というと
お醤油で煮た魚というイメージが沸いてしまいますが、もちろんイタ
リアではお醤油は使いません^^;
白ワインと水に塩、胡椒で味付けします。一緒にトマトやオリーブな
どの野菜を煮込みます。特徴はブイヨンなどを加えずにシンプルに
水とワインだけで煮るところですね。
ちなみに、特定の魚の料理ではありませんので、使った魚によって
「××のアクアパッツァ」と呼びます。真鯛を使えば「真鯛のアクア
パッツァ」、鰈を使えば「鰈のアクアパッツァ」ですね。魚以外に貝も
使われるようです。
アクアパッツァの言葉の意味は「水で薄めたワイン」だそうです。
 (4人分)

 ・真鰯
 ・白ワイン
 ・水
 ・塩
 ・ホワイトペッパー
 ・にんにく
 ・プチトマト
 ・(あれば)バジル
 ・オリーブオイル

12〜16尾
50g(1/4カップ)
200g(1カップ)
3g(小匙1/2)
適宜
ひとかけ
6〜10個くらい
適宜
たっぷりめ
1.  真鰯は頭と内臓を取っておきます。自分は気になりませんが骨が気になる方は手開きして背骨も取ります。
2. フライパンにオリーブオイルとスライスしたにんにくをいれ、ごく弱火にかけて5分ほどじっくり火を通して香りを立たせます(焦がさないよう注意)。火を強めて鰯を並べ両面に焼き色を付けます。
3. 白ワイン、水、塩水を合わせてよく混ぜ2.のフライパンに注ぎます。トマトも加えて、ホワイトペッパーを振り、中火で10分ほど、煮汁を時々回しがけながら煮ます。トマトの表面がしわしわになり、鰯がちょっと煮崩れかかるくらいに火が通ればできあがり。
  
  • スパイスを駆使するといった凝った味付けをせず、ごくシンプルに仕上げるのがポイント。はんなりした気分になれます。素材本来の味を楽しめるところが、日本人の気質にとっても合った料理な気がします。
  • もし、スーパーで安売りの魚を見かけたら試してみて下さい。基本、どんな魚でもできると思います。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system