TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(洋食) >> メカジキのコンフィ ホテルアドリアーノ風
            

     メカジキのコンフィ ホテルアドリアーノ

 難易度:★★☆ 調理時間:30分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
アニメ界の巨匠、宮崎駿監督が引退を表明されました。過去に
何度も引退宣言をしながら復活を遂げた彼のことなのでファンとし
てはその舌の根の乾かぬ内に「やっぱりもう一本取るぞ」と言って
ほしいところですがどうやら今回は本気のようです。まずはお疲れ
様でしたと申します。
それを記念して(?)彼の作品の中に登場する料理を再現してみま
した。選んだ作品は『紅の豚』。旧友の乗った飛行機の残骸がベン
ガルの奥地で見つかったと告げられた時、主人公のポルコがホテ
ルアドリアーノで食べていた料理です。現物はこれ。

肉か魚か迷ったのですが流石にポークチョップとかだと冗談きつい
だろうと思い^^;魚料理と決めました。切り口がサーモンピンクなの
で鮭かと思ったのですが舞台はイタリアですからもう少し温暖な
地域の魚ということでメカジキをチョイスしました。
ちなみに、『紅の豚』は公開当時さんざんな評判だった記憶があり
ます。『魔女の宅急便』の次の作品でそれまでのファンタジー路線
からぐっと大人向けのストーリーに転向していたこと。やたら飛行機
に関する薀蓄が出てきて「監督が趣味で作った」なんて陰口を叩か
れてました。
先日、YAHOO映画の評点をチェックしてみたら5点満点中堂々の
4.34。どうも、当時はついていけなかったけど年を取るにつれ
良さがわかるようになったと評されている方が多いようです。
ただ、「風立ちぬなどより断然良い」という意見がちらほらあるのに
は笑ってしまいました。今は賛否両論まっこうから批評が割れてい
てまだまだ時間はかかりそうですが、『風立ちぬ』も時を経たら不朽
の名作と呼ばれるようになるんじゃないかなと僕は思っています。
 (1人分)

 ・メカジキ
 ・アスパラガス
 ・ドライパセリ
[下味パート]
 ・塩、ホワイトペッパー
 ・オリーブオイル
 ・にんにく
 ・タイム
[人参のグラッセパート]
 ・人参
 ・バター
 ・砂糖
 ・塩
[ソースパート]
 ・バター
 ・薄力粉
 ・おろしにんにく
 ・塩(できればクレイジーソルト)
 ・マスタード
 ・コンソメの素(顆粒)
 ・牛乳
 ・白ワイン
 ・レモン汁

100〜120g
3本
少々

少々
20g(大匙1.5)
ひとかけ
少々

4cmくらい
6g(大匙1/2)
5g(大匙1/2)
少々

6g(大匙1/2)
5g(大匙1/2)
ひとかけ分
少々
大匙1/2
2g
120g
15g(大匙1)
10g(小匙2)
1.  メカジキに塩、ホワイトペッパーをまぶして[下味パート]とともにジップロックに詰めます。ストローなどで吸引してしっかり空気を抜き冷蔵庫で10分休ませます。
2. 1.をやっている間に人参のグラッセを作ります。人参を4つ割くらいに切り面取りをします。耐熱皿に[人参のグラッセパート]を入れてラップをかけ串で数か所穴を開けレンジで1分半チン。ラップを外してざっと混ぜそのままレンジで1分半チンすればできあがり。
3. 1.をやっている間にアスパラガスを塩ゆでします。面倒な方は電子レンジでチンすれば楽ちんです。
4. 1.をやっている間にソースを作ります。[ソースパート]バターを小鍋に入れて弱火にかけ融けきったら薄力粉を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。これに牛乳とにんにくを加えて常に混ぜながら煮立つ寸前まで加熱します。残りの材料を加えて弱火で3分煮込めばできあがり。
5. 水を60〜65度に加熱します。温度計推奨ですがない場合は指をつっこんで「かなり熱いけどなんとか耐えられる」くらいが目安。つっこんだら「あつっ」と感じて慌てて引っ込める状態は約70度。それより高くなると指をつっこんだ瞬間は何が起こったかわからず一瞬のちにギャーと言います^^;
6. 5.のお湯にジップロックごとメカジキを入れ温度を一定に保ちながら(ちょっと火加減が難しい)7〜8分ボイルします。メカジキを指で押してみて弾力が足りなければ更に1〜2分ボイルします。指で押してみてゴムのように弾力ができていれば仕上がりです。
7. 6.のメカジキをジップロックから取り出し魚焼のグリルかフライパンで両面こんがりと焼きます。
8. お皿にソースを敷き中央にメカジキを盛ります。メカジキの上にジップロックに残っているにんにくを載せます。人参とアスパラガスを添えてソースをたっぷりかけドライパセリを振ればできあがり。
  
  • 先にやんわりとボイルしているので身がしっとりとしています。そしてソースが絶品。にんにくとデジョンマスタードがよく利いていて食欲がそそられます。
  • ソースは地中海をイメージしてレモンを加えてみました。さっぱりとした仕上がりで前面にでしゃばってこないのでGOODです。
  • このソースは魚介や鶏の胸肉、ささみの焼き物に合いそうです。ぜひ、お試しあれ。
  • ちなみに、これを戴くときはイタリアワイン(白)推奨です^^


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system