TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(洋食) >> オイルサーディンと野菜のグリル
            

     オイルサーディンと野菜のグリル
 難易度:★☆☆ 調理時間:20分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
初めてこの料理を見たのは、会社の宴会の二次会か三次会で行っ
たダイニングバー風の居酒屋だったと思います。
その時見たお料理の形態は、オイルサーディンの缶詰を開けて、
上にオニオンスライスを山盛り乗せて、オーブンかオーブントースタ
ーで焼いただけの簡単なおつまみでした(缶詰本体を耐熱皿代わり
に使うアイデアに感心しました)。
このメニュー、極端にいえば『缶詰を開けるだけ』に毛の生えた手順
で、ちゃんと「これは料理です」といった感じになるところが魅力だと
思うのですが、手順の簡単さはそのままで盛り付ける器と具材を
変えればもっとちゃんとしたメニューになるじゃんと、のちのち思っ
たのです。

缶詰もこのレシピではオイルサーディンを使っていますが、結構
高いので(うちの近所だとなぜか、100円台で売っているお店が
ありますが、普通は300円以上したりします)、たとえばサンマの
かば焼きとか安い缶詰に置き換えても全然OKだと思いますので、
予算と好みに応じてアレンジしてみて下さい。
 (1人分)
(オイルサーディンが少なめになりますが、缶詰を半分こして野菜をその分多めにすれば2人分にもできます。)

[具材パート]
 ・オイルサーディンの缶詰
 ・玉ねぎ
 ・好みのの野菜


[調味料パート]
 ・ブラックペッパー
 ・ポン酢又は好みのドレッ
  シング


1個
1/8個
昨日は、茄子、オクラ
、ししとう、しめじ、もや
しを入れました。

少々(ちょっと強めに)
適宜

1.  オイルサーディンの缶詰を開け、耐熱皿に並べて盛り付けます(オイルは缶詰に残しておいて下さい)。オイルサーディンの上に細切りにした玉ねぎを敷き詰めるように並べ、他の野菜をその上に並べます。上から缶詰に残しておいたオイルを回しがけ、ブラックペッパーを強めに振ります。
2. オーブンなら高温(230度〜250度)に予熱し、オーブントースターなら強で1分ほど空焼きし、1.を入れて15分くらい焼きます。野菜に軽く焦げ目がついたら取り出します(玉ねぎなどは焦げ易いので、初めて作るときはこまめにチェックして下さい)。
3. 仕上げに好みでポン酢やドレッシングを上からかけてできあがり。
  
  • 味付けは好みで塩、胡椒でもOKです。缶詰のオイルだけでは野菜に十分味が付かないので、もう少し味をつけた方が良いと思います。
  • 缶詰をさんまのかば焼き等にする場合は、ベースが醤油系ですので蒲焼のタレで統一するとか醤油系の味付けにした方がいいように思います(やったことがないので、あくまでイメージですけど^^;)
  • 上からパルメザンチーズをかけたり、ピッツァ用のチーズを乗せたりしても楽しいと思います。
  • あまりヘルシーとは言えませんが、ちょっと洒落た肴がほしいときにはお薦めの一品で、缶詰さえ買い置きしておけば、手間いらずに作れます。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system