TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(洋食) >> ラタトゥイユ
            

     ラタトゥイユ
 難易度:★★☆ 調理時間:20分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
以前、家族みんなで「レミーのおいしいレストラン」という映画を観に
行きました。
抜群の舌と鼻を持ち、一流シェフになることにあこがれるネズミの
レミーとパリの5つ星レストランで雑用係として働く青年リングイニ
が想像を絶する二人三脚で一流シェフを目指す物語です。アカデ
ミー賞の長編アニメ映画賞に輝いたこの作品の原題は、

「Ratatouille」(ラタトゥイユ)

これは作中、厳しいことで有名な料理評論家を唸らせる料理の
名前ですが、元々は野菜を煮込んだフランスの素朴な家庭料理で
す。

日本でもずいぶんメジャーになったこのお料理のレシピは、ネットで
も星の数ほど氾濫しています。中にはずいぶん凝った手順のもの
から、トマトジュースを使って一瞬で作っちゃうものまで(このアイデ
アは凄かった)いろいろとありますが、自分的にはできるだけ手間を
かけずに作れる方法を目指して勉強してみました。
 (2人分)

[食材パート]
 ・トマト
 ・玉ねぎ
 ・ピーマン
 ・ズッキーニ
 ・茄子
 ・にんにく
[調味料パート]
 ・塩
 ・ブラックペッパー
 ・あればコリアンダーシード又
  はコリアンダーパウダー
[その他パート]
 ・オリーブオイル


1個
1/4個
1個
1/2本
1本
ひとかけ

3g(小匙1/2)
少々
少々


60ccくらい
1.  トマトは賽の目に切ります。玉ねぎはくし形に切ります。ピーマンはヘタを取って縦に6つか8つに切ります。茄子とズッキーニ(又はきゅうり)は5mm幅の輪切りに切ります。にんにくは薄くスライスします。
2. 少し大き目の鍋に、オリーブオイル、スライスしたニンニク、ブラックペッパーとコリアンダーシードを入れて火にかけ、オイルに香りがついたらホールトマトを入れ、すこし煮ます。タマネギを入れて軽く混ぜたら蓋をしてごく弱火にかけておきます。
3. フライパンを強火にかけ、野菜を次の順で焼いていきます。
 ピーマン→ズッキーニ→茄子
 焼く手順はたっぷりのオリーブオイル(20ccくらい)を入れ野菜を並べて野菜のひとつひとつにしっかり目の塩をしてよく焼き、返したら同様に塩をしてさらに焼きます。焼きあがったらオイルごとトマトの鍋に入れて蓋をし、ごく弱火で煮込みます。これを3つの野菜で繰り返します。
4. 全部の野菜が鍋に入ったらざっくり混ぜて、弱火で10分煮込んだらできあがり。
  
  • コツはしっかり塩で下味を付けて、たっぷりのオイルで焼くことで水っぽくなるのを防ぐことです。野菜を切ってしまえば、順番にフライパンで焼いて、コトコト煮てる鍋に放り込んで行くだけですので手順はとても簡単です。
  • そのまま熱々を出してメインディッシュにしてもOK。粗熱をとって冷蔵庫で一晩寝かせてもGOODです。
  • 凝った調味料を何も使っていませんので、野菜本来の旨みで味は決まります。ぜひ地物の野菜を取りそろえてトライしてみて下さい。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system