TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(和食) >> 蓮根のはさみ揚げ
            

     蓮根のはさみ揚げ
 難易度:★★☆ 調理時間:20分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
1650年代に発表された井原西鶴の「西鶴置土産」には奈良茶
というお惣菜屋さんが描かれていて、どうやらこのあたりが
「いろいろな種類のお惣菜を持ち帰り品として売る」お惣菜
屋さんの元祖のようです。
「煮売り家」、「四文屋(品物がどれでも四文の百均のご先祖
のような店)」などお持ち帰りできるお惣菜屋さんは居酒屋に
先駆けて発展したようで、その背景には江戸が新興都市で
独身男性が多く、家で賄いを作るというのがままならない人
が多かったという事情もあったようです。
時代は下って今ではスーパーなどで手軽に持ち帰りのお惣
菜が買えます。何かにつけて多様化する昨今ではデパ地下
のようなワンフロア全部、お惣菜屋さんみたいな業態や、
「シェフ監修」の高級お惣菜もあるらしい。それでも、江戸
時代に比べて進化したかというと一概にはそうも言えない
ようです。文化文政(1800年代初期頃)の時代には屋台の
寿司屋が激戦区ばりに軒を連ね、天麩羅、煮売り、菓子、
ない物がないと思えるくらい多種多様なお店があったらしい
ですから。
なんて、お惣菜の歴史をネットで勉強しながらスーパーの
お惣菜の定番、蓮根のはさみ揚げを作ってみました。
 (1人分)

 ・蓮根
 ・豚ミンチ
 ・玉ねぎ
 ・刻み葱
 ・おろし蓮根
 ・塩
 ・薄力粉
 ・揚げ油
[調味料パート]
 ・卵
 ・ホワイトペッパー
 ・酒
 ・濃口醤油
 ・片栗粉

幅5cm分
50g
1/8個
少々
3cm分
ひとつまみ
少々
適宜

1/2個
少々
5g(小匙1)
6g(小匙1)
5g(大匙1/2)
1.  玉ねぎはみじん切りにします。ミンチと塩ひとつまみをボウルに入れて粘りが出るまでよく混ぜます。
2. 1.に玉ねぎ、おろし蓮根、刻み葱、[調味料パート]を加えてよく混ぜます。
3. 蓮根を5mm厚にスライスして薄く薄力粉をはたき(茶こしを使うと簡単)、2.を挟みます。
4. 170度に熱した揚げ油で5分揚げればできあがり。
  
  • シャクシャクした食感が楽しいです。子供のお弁当のおかずにも酒の肴にもなる守備範囲の広いお惣菜だと思います。
  • 蓮根は火が通りにくいので中温で長めに揚げて下さい。
  • 餡にカレー粉を加えると風味が変わって楽しいです。カロリーが気になる方は揚げ焼きにするのもありだと思います。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system