TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(洋食) >> 舌平目のムニエル
            

     舌平目のムニエル
 難易度:★★☆ 調理時間:40分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
なんでそうなったのか自分でも分からないのですが、僕にとって
高級なレストランで供される高級な料理というと舌平目のムニエル
なのです。
恐らくテレビっ子だった僕のことですから、子供向けのアニメかドラ
マかを小さい頃に見てそれが目に焼き付いてしまったのではないか
と推測しています。
ともあれ、ギャルソンがしずしずと皿を運んできて僕の目の前に
おき、さっとクロッシュ(あのドーム型の蓋の名前です。フランス語で
釣鐘という意味)をさっと取って

「舌平目のムニエルでございます」

と料理の名前を告げられるシチュエーションに憧れを抱くようになっ
たのは昨日今日の話ではありません。そのくせ、考えてみると一度
も食べたことがないことに気付いたので作ってみました。
勿論、お皿をテーブルに置く時には

「舌平目のムニエルでございます」

とセルフサービスで言いましたとも^^;
 (1人分)

 ・舌平目
 ・塩(できればクレージーソルト)
 ・ホワイトペッパー
 ・強力粉
 ・オリーブオイル
 ・バター
 ・白ワイン
[付け合わせパート]
 ・エリンギ
 ・三つ葉
 ・塩、ホワイトペッパー
 ・オリーブオイル

1尾分
適宜
少々
適宜
7g(大匙1/2)
12g(大匙1)
30g(大匙2)

1本
半束
少々
少々
1.  舌平目は塩、ホワイトペッパーをして冷蔵庫で30分休ませませます。
2. 1.をやっている間にエリンギを食べやすい大きさに切ってオリーブオイルと一緒にフライパンに入れ中火で炒めます。塩、ホワイトペッパーを軽く振って味をつけます。三つ葉は飾り用の葉を2、3枚残して粗みじん切りにします。
3. フライパンに厚めにスライスしたにんにくとオリーブオイルを入れて弱火で香りが立つまで炒めます。これを小皿に取っておきます。
4. 1.の水気をキッチンペーパーでしっかりと拭き取り、茶こしで強力粉を振って塗します。
5. フライパンにバターを入れて中火にかけ完全に溶けきったら少しこんもりしている方を下にして2分ほど焼き色が付くまで焼きます。舌平目をひっくり返して白ワインを振り蓋をして4分ほど焼きます。
6. お皿に三つ葉を敷き詰め4.を盛り付けてエリンギを添えます。飾り用の三つ葉を載せればできあがり。
  
  • おお、これがあの「舌平目のムニエル」なんですね。淡白ですっごくおいしいです。バターとにんにくの香ばしい匂いが食欲をそそります。
  • 概ね小骨もなく食べ易いのですがエンガワの辺りは要注意。口いっぱいに小骨が広がり収拾がつかなくなります^^;
  • 付け合わせは一例です。シャトー型に切った人参のグラッセなどあしらうとレストランっぽいかも。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system