TOP >> Gのレシピ集 >> パン・ピッツァ >> 食パン
            

     食パン
 難易度:★★☆ 調理時間:180分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
パン作りにハマっていた頃、食パンの型を買うかどうかで随分迷い
ました。嫁は言下に「どうせ、1、2回作ったら二度と作らへんから
やめときなはれ」(注:彼女はここまで訛ってませんが^^;)と却下。
それでも迷いに迷った挙句、ネットで購入。ついでにドライイースト
500g(食パン100斤分^^)も購入。
そして、歳月は流れました。約2年後、ドライイーストの空袋を燃え
るごみの日に出したときは涙を禁じえませんでした^^;。そう、今でも
このお父さんは毎週毎週食パンを焼き続けているのです^^
 
(一斤:一辺12cmの立方体型一個分)

[生地パート]
 ・強力粉
 ・スキムミルク
 ・塩
 ・バター
[予備発酵パート]
 ・ドライイースト
 ・ぬるま湯
 ・砂糖


240g
7.2g
3.6g
12g

4.8g
163g
18g
1.  [予備発酵パート]を合わせて5分ほど置きますく(予備発酵不要のドライイーストの場合は、直接[生地パート]と混ぜても可)。その間に[生地パート]を合わせます。
2. [予備発酵パート]と[生地パート]を合わせて一つにまとめます(指にまとわりついたものは捏ねる過程で自然にはがれるのであまり気にしなくてOKです)。生地を台に打ちつけるようにして150回くらい捏ねます。最初の30回くらいはゆるゆると、31回から70回くらいはテンポよく、71回から150回くらいは徐々に勢いを込めて、周りに生地が飛び散ったら回収しながら捏ねます。表面がつるっとなったらOKです。
コツは親指、人差し指、中指の三本を生地にかけて遠心力で生地が伸びるように打ちつけます。この際、指から生地が離れないように気を付けます。
3. 2.を大ぶりのボウルに入れて濡れ布巾をかけて温かいところで1時間一次発酵させます。夏場は室内でもOK冬場はコタツの中か、オーブンの発酵機能を使う必要があると思います。
4. 3.が二倍くらいに膨らんで、指を突っ込んでも生地が戻らなくなっていれば(フィンガーテスト)一次発酵完了。スケッパーで2等分して、濡れ布巾をかけ10分間休ませます(ベンチマーク)。この間に食パンの方にバターを薄く塗っておきます。
5. 4.を麺棒で伸ばして、手前からくるくると巻いていきます。巻き終わったら少し平らにして、巻き方向と垂直方向に三つ折りにして食パンの型の半分の面積に詰めます。残り半分のパン生地も同様にして食パンの型に詰め、蓋をして1時間くらい仕上げ発酵します。蓋をそっと動かしてみて生地がくっついて蓋が外れなくなるくらいまで膨らんでいればOK。
6. 180度のオーブンで5.を30分焼けばできあがり。焼きたてをすぐに型から抜いて、ケーキクーラーに載せて冷まします。
  
  • 慣れれば、御飯を炊くの程ではないにしろ手軽に作れます。
  • 保存する場合は、好みの厚さに切って、冷凍庫で保存します。(注:食パンは匂いを吸収し易いのでビニール袋に入れて空気を抜いて他の食品と接触しないようにして下さい。)


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system