TOP >> Gのレシピ集 >> パン・ピッツァ >> ツナ&エッグパン
            

     ツナ&エッグパン
 難易度:★★★ 調理時間:165分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
今度は上の娘のリクエスト。「上にツナと茹で卵が乗ってるパンが
食べたい」とのことだったので作成。完全にパン屋さん状態ですねぇ^^;
 (8個分)

[パン生地パート]
 ・強力粉
 ・塩
 ・砂糖
 ・ドライイースト
 ・ぬるま湯
 ・バター
 ・卵(溶きほぐしておきます)
[トッピングパート]
 ・ツナ缶
 ・ゆで卵
 ・マヨネーズ
 ・ドライパセリ


200g
3g
20g
4g
100g
20g
20g

1個
1個
適宜
適宜

1.  ドライイースト、砂糖、ぬるま湯を合わせて、予備発酵します。
2. 強力粉と薄力粉を合わせて大きめのボウルに篩い入れ、[パン生地パート]の残りの材料も投入します。これに1.を加えて、まず、一つにまとめるように捏ねていき、まとまったら生地に親指、人差し指、中指の三本をかけて、生地から手を離さないようにゆるり、ゆるりと打ち台に打ちつけます。30回目くらいから生地に粘りが出てきますので徐々に強く打ちつけ、90回目くらいから本気モードで叩きつけるように&ハイスピードで最終的に150回くらい生地を打ちつけて捏ねます。生地の表面がつるんとなったらOKです。
3. 2.を丸めてボウルに入れ、塗れ布巾をかけて暖かいところで1時間1次発酵します。コタツがあれば、その中に入れておくのが理想的です。
4. 1時間後、生地が倍程度に膨らんだら指を突っ込んでへこんだまま戻らないことを確認します(フィンガーテストと言います)。塗れ布巾をかけて10分間休ませます(ベンチマークと言います)。
5. 4.を20cccの棒状に伸ばして、輪の形(ドーナツ型)にします。仕上げ発酵で、真ん中の穴が塞がってくぼみができることを意識して下さい。これをクッキングシートを敷いた天板に並べます。濡れ布巾をかけて約1時間倍の大きさになるまで仕上げ発酵します。溶きほぐした卵を上面に塗って、ツナと微塵に切った茹で卵を中央のくぼみにトッピングし(やや強引に突っ込む感じ)上からマヨネーズで格子模様を描いてドライパセリを散らします。
  • クッキングシートを敷かないと天板にくっつきますので注意。あれば10cmのアルミのカップに入れて焼くと見栄えもよくなります。
6. 200度のオーブンで8分焼いたらできあがり。
  
  • 味はグッドです。普通に売っていても違和感ない感じ(自画自賛^^;)。
  • 合成保存料等々が入っていませんし、何が入っているかはっきりしているので子供に食べさせても安心です。(ただ、原価を考えると売り物にはならんなぁ...^^;)


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system