TOP >> Gのレシピ集 >> パン・ピッツァ >> ツナマフィン
            

     ツナマフィン
 難易度:★★☆ 調理時間:160分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
マクド「ツナマフィン」レギュラー化決定!!

を祝して...というわけでもないのですが、飲食店の美味しそうな
メニューを見ると作ってしまうという悪いクセで例によって作ってしま
いました。
しかし、日本人って結構ツナ好きな民族なのかもしれませんね(っ
て、民族論で語るなよ)。でも、意外と、案外、ことのほか、「ツナ=
マグロ」という理解が認知されていないのでは?という気もします。
英会話学校に通っていた頃、『いろいろな魚の名前』というお題で
普段よく見かけるけど英語で言えと言われたら単語が思い浮かば
ない名詞を覚えましょうと言うセッションがありました。クラスメートの
中で一人、強固に「ツナはマグロじゃない。別の食べ物だ!!」と
主張する人がいてましたっけ^^;
確かに、マグロの刺身とツナ缶の中身は全然別物に見えますが
あれはマグロをボイルしたものに間違いありませんはい。
 (2個分)

[イングリッシュマフィンパート]
(マフィンはこれで6個できます。
残りは別のことに使いましょう)
 ・強力粉
 ・牛乳
 ・塩
 ・バター
 ・ドライイースト
 ・砂糖
 ・ぬるま湯
[ツナパート]
 ・ツナ缶
 ・かにかま
 ・タマネギ
 ・マヨネーズ
 ・トマトケチャップ
 ・粒マスタード
 ・ブラックペッパー
[具材パート]
 ・レタス
 ・スライスチーズ




200g
73g
3g
7g
3g
3g
73g

1個
小分け1本
1/4個
18g(大匙1.5)
5g(小匙1)
少々
少々

適宜
2枚
1.  [イングリッシュマフィンパート]のドライイースト、砂糖、ぬるま湯を合わせて予備発酵します。
2. [イングリッシュマフィンパート]の残りの材料を大きめのボウルに合わせ、1.を加えて水気がなくなるまで捏ねて一つにまとめます。これを打ち台に叩きつけるようにしながら捏ねます(150回程度が目安)。生地の表面がつるんとなったら完了。温かいところで濡れ布巾を被せて1時間一次発酵させます。
3. 2.をガス抜きし、6つに小分けし丸めて10分休めます(ベンチマーク)。天板の上でセルクルで丸く型抜きし、周囲に高さ3cmくらいの金属製のもの(今回はプリン型使用)を立てて上からケーキの底板を被せます。こんな感じ。

こうしておくことでこれ以上上に膨らまなくなりあの平たい円筒形が成形できます。
4. 3.を50分仕上げ発酵します。200度に予熱したオーブンで10分焼き、ケーキの底板を取って180度で10分焼けばイングリッシュマフィンのできあがり。
5. パンを発酵〜焼いている間に[ツナパート]のタマネギをみじん切りにし電子レンジの強で1分チンして残りの具材と合わせて良く混ぜます。レタスは手で細かく千切ります。
6. マフィンを横半分に切り、スライスチーズ、レタス、[ツナパート]の順にはさめばできあがり。
  
  • 普通に美味しくできました。やっぱ、ツナサンド好きだ〜。ただ、欲張って具材を沢山挟みすぎるとかじる度に溢れてこぼれていくかも。ちょっと大きめのお皿の上で食べること推奨。
  • [ツナパート]はいい感じに味付けできました。普通にツナサンド等に応用できると思います。
  • ベーグルはちょっと硬めに焼きました。ふわふわが良い方は200度5分、180度5分で焼いてみてください。
  • ホントはコーングリッツ(マクドのマフィンなどの表面に付いているつぶつぶ)をまぶすともっと本格的な感じになると思います。売ってるところ探そうかな。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system