TOP >> Gのレシピ集 >> おかず系(中華・点心) >> 焼き豚
            

     焼き豚
 難易度:★★★ 調理時間:80分
(タレに漬け込む時間1〜2日は含めていません)

 


このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
中華街の軒先にぶら下がっている焼き豚って見事に照りがついて
すっっっっっっっっっっっごく、美味しそうですよね^^
今回のレシピは、ちょっとばかり手間とヒマが要ります。でも、味は
絶品!!ちょくちょく安い豚もも肉で作ります。
 (4人分)

[具材パート]
・豚もも肉ブロック
[漬けダレパート]
 ・濃口醤油
 ・ハチミツ
 ・砂糖
 ・味醂
 ・酒
 ・八角
 ・刻み葱
 ・生姜


400〜500g

40g(大匙2強)
20g(大匙1)
3g(小匙1)
12g(小匙2)
20g(大匙1+小匙1)
2〜3片
少々
ひとかけ

1.  [漬けダレパート]は、よく合わせて電子レンジの強で1分チンしてからよく混ぜ、ハチミツを溶かします。
2. 鍋に湯を沸かし、豚肉を入れて20分茹でます。豚肉の水気をよく切ってバットに置き、1.を上からかけます。豚肉が冷めるまで1〜2分おきに豚肉を回転させ、タレと満遍なく接するようにしてタレを吸わせます。豚肉がある程度冷めたらタレごとビニール袋に入れ、空気を抜いて口を縛ります(こうするとタレと豚肉がかなり密着します)。
 何度か、上下を変えながら豚肉が満遍なくタレと接するようにして冷蔵庫で一晩漬けこみます。辛抱強い方は2、3日漬け込むとなお味が沁みます。
3. オーブンを200度に予熱して、豚肉を焼きます。但し、3分おきに豚肉を取りだして、
豚肉をひっくり返す。
タレをスプーンで2掬いほどかける。
天板に流れたタレは、すぐにぶくぶくいってとろみが付きますので、それをまた
 スプーンで掬って豚肉の表面に丹念に塗る。
豚肉をオーブンに戻す。
 という工程を踏みます。焼き時間は500gで33〜36分が目安ですが、この工程を踏むので実際には、1時間以上かかります。
 豚肉に金串を刺して、ゆっくり抜き、肉汁が赤くなければできあがり。
カットはお肉が十分冷めてから行って下さい。熱いうちに切ると肉汁が流れ出て
   しまいます。
  
  • 初めて焼き豚を作った時、あまりにもタレが沁みてなくて、売ってるもののように作るにはどうしたら良いか、いろいろ試行錯誤した結果、辿り着いたのがこの手順です。ポイントは2つ
    1. 順漬け込む前に茹でて、肉の温度を高くすることでタレの沁み込みを良くする。
    2. 漬焼くときに、3分おきにとろみが付いたたれを塗ることで肉の表面をカラメル状のタレでコーティングする。
    です。
  • 豚肉の茹で汁は、良い出汁が出ているので、そのまま塩や醤油で味付けをして野菜などを入れ、スープにすると良いです。
  • 安売りの時に大きめのブロック(又はブロック2個)を買って、たくさん作っておけば冷凍保存が利いて便利です。そのまま食べても良いですし、炒飯やラーメンの具にもOK。御飯に載せて叉焼ライスにしても楽しいです。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system