TOP >> Gのレシピ集 >> カレー >> ビーフカレーVer.2
            

     ビーフカレーVer.2
 難易度:★★★ 調理時間:150分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
究極のビーフカレーを求めてまたまた挑戦してしまいました。
チキンカレーとシーフードカレーはそれなりに納得のいくレシピを
持っているのですが一番スタンダードなビーフカレーの味が決まら
ない。Ver.1もそれなりに美味しかったのですがまあ普通の味でした

今回は徹底的に野菜の旨みを引き出したくて以前作ったアリアケ風
ハヤシライスのレシピをベースにしています。ポイントはソフリットと
いう香味野菜の炒めたものを30分かけてじっくり作ること。同時
並行で飴色の玉ねぎを作っています。あと、牛筋をベースにした
デミグラスソースをたっぷり使うこと。そんなこんなで半日がかりの
試作と相成りました。
 (4人分)

 ・牛肉ばら肉(ブロック)
 ・玉ねぎ(スライスして冷凍して
  おく)
[ソフリットパート]
 ・玉ねぎ
 ・セロリ(茎)
 ・にんにく
 ・人参
 ・バター
[ソースパート]
 ・赤ワイン(180cc150円くらいの
  安いやつ)
 ・水
 ・玉ねぎの薄皮
 ・セロリ(葉)
 ・デミグラスソース
 ・トマト缶
[きのこパート]
 ・マッシュルーム
 ・バター
 ・白ワイン
[仕上げパート]
 ・はちみつ
 ・八丁味噌
 ・濃い口醤油
 ・カレールウ

200g
1/2個


1/4個
15cm
(皮ごと)ひとかけ
3cm
15g

150cc

300cc
2枚くらい
数枚
1/2缶(150gくらい)
1/2個

1パック
15g
30g(大匙2)

11g(大匙1/2)
9g(大匙1/2)
6g(小匙1)
4皿分
1.  [ソフリットパート]の野菜類を5mm角くらいのみじん切りにします。にんにくは芯を取り皮ごとみじん切りにします。
2. 煮込み用の鍋に[ソフリットパート]のバターとにんにくを入れて弱火にかけ香りが立つまで炒めます。これに人参、セロリ、玉ねぎの順に加えていき弱火で焦がさないように30分じっくり炒めます。
3. 2.と並行してフライパンに冷凍しておいた玉ねぎスライスとオリーブオイル少々(分量外)を入れて弱火の中火にかけ焦がさないよう30分炒めてあめ色に仕上げます。
4. 3.に[ソースパート]の赤ワインを加えて中火にかけ徐々に火を弱めながら水分がなくなるまで煮詰めます。
5. 4.に[ソースパート]の水を加えてひと煮立ちさせ灰汁を取ります。これに[ソースパート]の残りを加えて弱火にし蓋をして20分煮込みます。牛肉を食べ易い大きさに切り塩、胡椒で下味を付けておきます。
6. 5.を裏濾します。
野菜の搾りかすは取っておいて下さい。オムレツの具財に使うと絶品です。
7. 6.を鍋に戻し3.の玉ねぎを加えます。牛肉を牛脂(分量外)と一緒に色が変わるまで炒めこれも鍋に加えます。
8. フライパンに[きのこパート]のバターを入れて弱火にかけ融かします。その間にマッシュルームを5mm厚くらいにスライスします。マッシュルームをフライパンに加えて弱火で3分以上しんなりするまで炒めます。更に白ワインを加えて弱めの中火にし水分がなくなるまで炒めます(途中から粘り気が出てきますのでよく絡ませます)。これを7.の鍋に入れます。
9. [仕上げパート]の八丁味噌を少量の熱湯(分量外)で溶かします。これと濃い口醤油、蜂蜜を7.の鍋に入れよく混ぜます。最後にカレールウを加えて煮溶かせばできあがり。
  
  • いざ試食。うーん……。普通。でも、結構深くて複雑な味には仕上がりました。
  • ついでにライス抜きでカレーそのものの味をお試し。……、…………、こ、これは凄いexclamation ×2箸がもといスプーンが止まりません。これは一つのゴールなのかもしれません。
  • ということは次はライスをなんとかすればなんとかなるのかもしれないと思い至りました。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system