TOP >> Gのレシピ集 >> ラーメン >> 冷やし中華(胡麻ダレ)
            

     冷やし中華(胡麻ダレ)
 難易度:★★☆ 調理時間:20分


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
ネットで見かけた4コマ漫画にこんなのがありました。初夏の頃、
喫茶店の前を通りかかると「冷やし中華はじめました」の貼り紙。
お、良いねぇ。丁度腹が減ったし今日はそれにするか。で、店に
入るとカウンターの中でマスターが一所懸命にマニュアルを読んで
いる……って、ほんとに初めてなんかい!!
という流れ。笑わせて戴きました。うん、貼り紙に嘘はないぞ^^;
暑くなるとこういった涼味を楽しめる料理が欲しくなりますよね。
いつもはタレ付きのものを買ってきて戴くのですが、タレも自家製に
したら更に本格的な味が楽しめるのではと思い立ちチャレンジして
みました。今回は胡麻ダレ編ですが、そのうち醤油ダレもやってみ
ようかな。
 (1人分)

 ・棒ラーメン
 ・お好みの具材


[タレパート]
 ・練り胡麻
 ・熱湯
 ・酢
 ・砂糖
 ・鶏がらスープの素
 ・濃口醤油
 ・すり胡麻
 ・ごま油
 ・辣油

100g
今回はトマト、キュウ
リ、ハム、錦糸卵、
茗荷です。

5g(小匙1)
30g(大匙2)
15g(大匙1)
12g(大匙1+小匙1)
1g
18g(大匙1)
大匙1
4g(小匙1)
少々
1.  具材は食べ易いように切ります。
2. 鍋に湯を沸かし棒ラーメンをパッケージに書かれた時間茹でます。
3. 2.をやっている間に[タレパート]の練り胡麻に酢と熱湯を加えてよく溶かします。これに鶏がらスープの素と砂糖を加えてよく溶かします。
4. 3.に残りの材料を加えてよく混ぜればタレの完成。冷蔵庫で冷やしておきます。
5. 2.のラーメンをざるに揚げ冷水で〆ます。更に氷水に放ってよく冷やします。
6. ラーメンをざるに揚げてよく水気を切ります。皿に盛り[タレパート]をかけてよく和えます。具材をトッピングしたらできあがり。
  
  • タレは味見をしながら分量を調整していったのですが、良い感じ。辣油の辛味が全体の味を引き締めてくれているように思います。
  • 棒ラーメンは2食分で89円でしたので1食48円(税込み)くらいあとは冷蔵庫のありあわせを具材にすれば実質50円弱の買い物で冷やし中華が作れます。財布に優しいなぁ。
  • 具材に関するヒント。錦糸卵は砂糖を加えて少し甘めに作るのが吉。タレが辛めなのでよく合います。トマトは室温に戻しておくと甘みが増しますのでお勧めです。
  • タレがメインのレシピなのですが、写真を見るとなんか食品サンプルみたいになってるなぁ^^;


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system