TOP >> Gのレシピ集 >> パン・ピッツァ >> ミニ・バゲット
            

     ミニ・バゲット
 難易度:★★☆ 調理時間:180分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
先日、せっせと作っておりましたお惣菜パンシリーズ。使っていた
パンはこのレシピで作りました。
実は、ホットドッグや焼きそばパンにするにはちょっと硬いなあと
後悔していたのですが、焼いてしまったものは仕方がない^^;
コッペパンというより小ぶりのバゲットという感じです。

ただ、具材によってはこれくらいの硬さの方が良い場合もあります
ので知っていて損はないレシピだと思います。一人用のサブマリン
サンドを作るにはぴったりのサイズかも。

そういえばアニメ版の『時をかける少女』で、ヒロインの真琴がお昼
に食べてるサブマリンサンドは美味しそうでしたねぇ。あんなの作っ
てみたいかも^^
 (6本分)

 ・強力粉
 ・グラハム粉
 ・ドライイースト
 ・砂糖
 ・塩
 ・バター
 ・ぬるま湯

285g
15g
6g
6g
3g
6g
180g
1.  ドライイースト、砂糖、ぬるま湯を合わせて、予備発酵します。
2. 強力粉とグラハム粉を合わせて大きめのボウルに篩い入れ、[残りの材料も投入します。これに1.を加えて、まず、一つにまとめるように捏ねていき、まとまったら生地に親指、人差し指、中指の三本をかけて、生地から手を離さないようにゆるり、ゆるりと打ち台に打ちつけます。30回目くらいから生地に粘りが出てきますので徐々に強く打ちつけ、90回目くらいから本気モードで叩きつけるように&ハイスピードで最終的に150回くらい生地を打ちつけて捏ねます。生地の表面がつるんとなったらOKです。
3. 2.を丸めてボウルに入れ、塗れ布巾をかけて暖かいところで1時間1次発酵します。夏場は室温で十分、冬は部屋を暖かくするかオーブンの発酵機能を使いましょう(コタツがあれば理想的)。
4. 1時間後、生地が倍程度に膨らんだら指を突っ込んでへこんだまま戻らないことを確認します(フィンガーテストと言います)。この生地にパンチを喰らわせ、ガス抜きをします。生地の総重量を計って(ボウルの空重量をメモっておくと計量が簡単です)6で割り、その重さになるように生地を六等分します。必ず、スケッパーかナイフを使います。六等分した生地を丸めて塗れ布巾をかけて10分間休ませます(ベンチマークと言います)。
5. 生地を麺棒で細長く&平たく伸ばします。幅が短い方の両端から中心に向けて三つ折りにし、つなぎ目は、きっちり指で摘まんで閉じます。これを天板に載せて、約1時間倍の大きさになるまで仕上げ発酵します。
6. 200度に余熱したオーブンに5.を入れ、15分焼けばできあがり。
  
  • 柔らかい生地にしたい場合は焼き時間を約半分の8分にしてみて下さい。
  • そのまま食べても良いですが、お奨めはやはりサブマリンサンド。冷蔵庫の中身と相談して、いろいろ具材を挟み込み豪快にかぶりついて下さい。


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system