TOP >> Gのレシピ集 >> パン・ピッツァ >> ピッツァ
            

     ピッツァ
 難易度:★★☆ 調理時間:90分

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
 (過去の『特集』情報
「おせち料理特集(2013年バージョン)」
 (過去の新着情報)
 
 姉妹サイト「Gの書斎」
 ツイッター
 携帯版「Gの食卓」
 携帯版「Gの書斎」
 
アフィリエイト・SEO対策
 
 
ポストに放り込まれるDMの代表格といえば、ピザ屋の広告じゃ
ないでしょうか?捨てても捨てても毎日のように放り込まれています
。ホントご苦労様です>ポスティングのアルバイターさん
で、今朝ごみを出しに言った帰りにポストを覗くとやはり入っていた
ピザ屋の広告。いつもは条件反射でゴミ箱に直行なのですが、どう
魔がさしたのか目が写真に釘付け。むしょうに食べたくなっちゃいま
した。
普通なら受話器を取って電話をすれば済みそうなものですが、
「よし焼くべ」と行動に移すあたり自分らしいというか^^;
途中、ピザソースを作っているあたりで挫けそうになりましたが、
どうにか完成まで漕ぎ着けました〜
焼きあがったピザは結構でかかったので測ってみたら30cmでした
。ピザ屋の広告では「Mサイズ:27cm」、「Lサイズ:36cm」となって
いましたので、その中間くらいですね。

 (30cm 1枚分)

 ・具材(ありあわせでOK)





[生地パート]
 ・ドライイースト
 ・砂糖
 ・ぬるま湯
 ・強力粉
 ・塩
 ・サラダ油
[ピッツァソースパート]
 ・トマト缶
 ・にんにく
 ・玉ねぎ
 ・コンソメの素(顆粒)
 ・オレガノ
 ・オリーブオイル

今日はとろけるスライスチーズ、ソーセージ、茄子、しめじ、ピーマンで上にバジルと粗挽き胡椒を振りました。

3g
6g
85g
135g
一つまみ
8g(小匙2)

200g(1/2個分)
ひとかけ
1/2個
8g(大匙1)
適宜
適宜
1.  [生地パート]のドライイースト、砂糖、ぬるま湯を合わせて予備発酵させます。残りの材料を大き目のボウルに合わせます。これらを合わせて生地がひとつになるように捏ね、生地を叩きつけるようにして捏ねます(約150回くらい)。生地をボウルに入れ濡れ布巾をかぶせて1時間発酵させます。
2. 1.の発酵をやっている間にピッツァソースを作ります。[ピッツァソースパート]のにんにく、玉ねぎをみじん切りにします。鍋にオリーブオイルとにんにく、玉ねぎを入れ弱火にかけて5分ほど炒めます。残りの材料を加えて10分ほど弱火で煮込みます。火を止めて粗熱を取り、ミキサーで粉砕すればピッツァソースのできあがり。
結構手間ですが、多めに作っておけばいろいろ重宝します。
3. 具材を食べやすいように切ります。天板にオリーブオイル(分量外)を塗ります。1.の生地のガス抜き(生地にパンチを喰らわす)をしてを麺棒で伸ばし、天板に敷きます。2.のピッツァソースをたっぷり塗って具材をトッピングし、200度に余熱したオーブンで12分焼けばできあがり。
  
  • 堪能しました〜
  • このレシピの生地は限りなくパン生地に近くパンピザといった感じです。今度はカリッとした食感を重視した生地を作ってみようかな。
  • ものぐさを決め込んで今日は家から出ていないのですが、冷蔵庫を探ると意外とピザの具材になるものってあるもんですねぇ。(って、何を感心している^^;)


本サイトの著作権は全てサイトマスターに帰属します。本サイトの転記は、ご遠慮願います。

inserted by FC2 system